キャットフードおすすめランキング

 

そのキャットフード、本当に大丈夫?

 

飼い猫の主食と言えばキャットフード。きっと多くの飼い主さんが何の疑問もなく毎日キャットフードを与えているものと思いますが、ちょっと待ってください。キャットフードの成分表をチェックするなど、その安全性を調べてみたことはありますか?日本で一般的に流通しているキャットフードは、実は安全性に疑問があるものがたくさんあるのです。大手メーカーの大々的にCMを打っている有名商品でさえそのようなものが多いのですから、残念ながら日本のキャットフード業界は全く信頼できない状況と言わざるを得ません。したがって、飼い主さんが鋭い観察眼と深い知識を持って安全なキャットフードを選び抜かなければなりません。

 

何故日本では安全性に疑問の残るキャットフードがこれほど流通しているのでしょうか?その理由を大きく二つ挙げるならば、コストカットと猫への無知によります。この二つを如実に表しているのが多くのキャットフードの主原料です。ペットショップなどで眺めてみればわかるのですが、穀物を主原料としているキャットフードは極めて多いものです。米などを主食とする日本人の感覚では違和感が無いかもしれませんが、猫は炭水化物を体内で合成できるためにほぼ経口摂取を必要としない上に、消化が苦手なのでむしろ与えない方がいいのです。しかし穀物は安価な上に人間視点では問題のなさそうな原料に見えるために、キャットフードにも大量に用いられているのです。

 

このように、コストカットと猫への無理解による粗悪なキャットフードを選ぶことなく、愛猫の健康に役立つキャットフードを選べるように知識を付けていきましょう。

 

本当に安全なキャットフードとは?

 

キャットフードはよほど猫が食べてくれなかったりしない限りは、長期間食べさせ続けることになるものです。ですから、本当に安全なものを選ばなければなりません。では本当に安全なキャットフードとはどのように選べばいいのでしょうか。安全なキャットフード選びは、人間用の安全な食品選びのセオリーが通用しないところが多く、難しいものです。

 

人間用の食品としては、確かに国産の品質は確かであり国産基準の食品を食べ続けることが健康に繋がると自信を持って言えます。しかし、残念ながらキャットフードに関してそうは言えそうにありません。国産のキャットフードは猫の身体的特徴を真剣に考えて作っているものが少なく、安易に人間の食べ物と同じく穀物を用いているものばかりです。さらに日本の安全基準の高さは人間向け食品こそ随一ながら、ペット用食品の基準は先進国の中では下から数えた方が早いほど緩く、輸出できないような添加物まみれのキャットフードさえ普通に流通しているのが現実です。

 

現在の所、安全性に定評があるキャットフードは総じて外国産です。外国産は猫の体に合った肉中心のキャットフードが主流なので、それだけでも大きなアドバンテージがありますが、ペットフードへの添加物等の規制もほぼ人間と同等の基準がある国が多く、言わば人間でも安全に食べられるようなキャットフードがほとんどなのです。愛猫の健康と安全を何より考えるならば、今のところは外国産のキャットフードが第一に選択肢に挙がるでしょう。

 

キャットフードは高タンパク質なものを選べ

 

猫は人間と比べて、かなり大量に体重あたりのタンパク質摂取量を必要とする動物です。人間視点ではあまりの高タンパク食というと腎臓を悪くしそう・肥満の元などと思うかもしれませんが、腸が短く植物性の食材からの吸収率に劣る猫は、動物肉から十分なタンパク質を摂取することを前提とした体になっているのです。

 

猫がたくさんのタンパク質を必要とする理由は多くのタンパク質に依存して体を作っているからですが、この必要なタンパク質が不足するとどうなるでしょうか?もちろん成長不良や健康状態の悪化・病気にかかるなど様々な問題が考えられますが、特に重大な問題としてガンがあります。必要なタンパク質がないままに細胞分裂を行おうとすると、突然変異の細胞が発生する確率が高まってしまい、これがガンの元となるのです。タンパク質不足と癌発生率の上昇にはかなり有意な相関関係があり、必要なタンパク質の充足が猫のガン予防の大前提とされています。

 

また、子猫の時にタンパク質が不足して十分に成長できなかった影響は一生尾を引きます。運動能力も低くなりますし怪我や病気への対抗力も低いままで、健康で長生きするための大きな足かせとなってしまうでしょう。愛猫がそのようになってしまわないためにも、高品質で高タンパク質のキャットフードを選ぶことで、猫に必要なタンパク質をしっかりと充足させてやる必要があるのです。

 

安いキャットフードの安全性は?

 

近年では不景気の影響もあり、消費者の極度の節約志向から広いジャンルにおいて安価帯の商品が増えています。安いなりに合理的でコストパフォーマンスの高い商品も数多くあるとは思いますが、安かろう悪かろうな商品も数多くあることは否定できず、食品となるとその懸念は大きくなります。キャットフード市場でも安価な商品が多く見られますが、このような安いキャットフードは安全なのでしょうか?

 

キャットフードの値段を左右するもっとも大きな要素は言うまでもなく原材料であり、高いキャットフードは高品質で鮮度の高い肉類を使っていて、安いキャットフードは低品質な肉や穀物などを使っている傾向がある、ということは間違いありません。たとえ安い部位の肉を用いていたとしても鮮度が十分で安全性に問題がなければそれでよしとする選択は大いにありですが、消費者からは実際に原材料の品質を知るすべがないところが恐いところです。

 

また、何度も紹介しましたが、穀物生産量の多い日本では穀類でかさ増しをしているキャットフードが多すぎます。安価帯のキャットフードはその傾向がさらに顕著であり、猫には消化しにくく吸収率の悪い穀類ばかりが含まれているキャットフードを食べさせ続ければ、将来の猫の健康に大きな影を落とすであろうことは想像に難くありません。

 

愛猫の健康に直接的に関わることですから、あまりに安価なキャットフードは決して勧められません。品質重視でキャットフードは選ぶべきです。